神奈川県再生骨材協同組合 ホームに戻る ホームに戻る サイトマップ お問い合わせ

Posts tagged 報告

講習記事が掲載されました

平成30年10月17日(水)に開催しました

【(第14回)中級者向け材料試験講習会(ふるい分け試験・すりへり試験)】の様子が

「建通新聞(10月19日)」」に紹介されました。

また、「日刊建設産業新聞」、「骨材情報紙アグリゲイト」に掲載予定です。

「(第14回)中級者向け材料試験講習会(ふるい分け試験・すりへり試験)」

【実施日】平成30年10月17日(水)

【場所】(一社)日本道路建設業協会 道路試験所(八王子市)

当組合では、(一社)日本道路建設業協会 道路試験所のご協力を賜り、平成13年より材料試験講習会を開催しております。この講習会は、組合の事業活動として定着し、組合員の知識の向上、技術の習得に役立っております。

(これまで、材料試験講習会:初級13回、中級13回、品質管理試験講習会4回)

今回の講習は、初心者向けから一歩進んだ内容の「ふるい分け試験・すりへり試験」について技術・知識を習得します。組合員外1名を含む11名が熱心に受講しました。受講者には講習修了証を授与されます。

chukyu14-2

1.当組合 理事長 篠﨑敬治より挨拶。

 

chukyu14-3

2.道路試験所 所長 濱田幸二様よりご挨拶。

 

chukyu14-4

3.道路試験所 技術課 課長 渡辺昌夫様より講師のご紹介。

 

chukyu14-5

4.講師 道路試験所 試験課 根元主任による試験法について説明。

 

chukyu14-7

5.場所を移動して講師の方々による実地試験の開始。

 

chukyu14-6

6.【ふるい分け試験】四分法についての説明。

 

chukyu14-8

7.四分法による試料調整(1)切りかえし。

 

chukyu14-9

8.四分法による試料調整(2)試料を二つに分ける。

 

chukyu14-10

9.四分法による試料調整(3)さらに二つに分け、所定量にする。

 

chukyu14-11

10.分取器により試料を均一化にする(1)。

 

chukyu14-12

11.分取器により試料を均一化にする(2)。

 

chukyu14-13

12.ふるい分け試験に用いる試料の計量。

 

chukyu14-14

13.ふるい分け試験についての説明。

 

chukyu14-15

14.ふるい目ごとにふるう。

 

chukyu14-16

15.ふるい分け試験を行う受講者。

 

chukyu14-17

16.ふるい目ごとの試料。

 

chukyu14-18

17.ふるい目ごとに計量。

 

chukyu14-19

18.ロサンゼルス試験機による【すりへり試験】についての説明。

 

chukyu14-20

19.試料と共に入れる鋼球。

 

chukyu14-21

20.ロサンゼルス試験機により試料と鋼球を500回転させる。

 

chukyu14-22

21.自動ふるい分け機について講師の説明を受ける。

 

chukyu14-23

22.【単位容積質量試験】についての説明。

 

chukyu14-24

23.切りかえしにより混合した試料を容器の高さ1/3ずつ入れ、それぞれ突き棒で均等に所定の回数を突く。

 

chukyu14-25

24.表面を平らにならす。

 

chukyu14-26

25.計量。23~25の工程を繰り返し2回ずつ試験を行う。

 

chukyu14-27

26.【再生粒度調整砕石(RM)の水洗い方法】。

 

chukyu14-28

27.通常は15㎏の試料で行うが、今回は5㎏にて水洗いを行う。

 

chukyu14-29

28.水中で試料をかき回す。

 

 

chukyu14-30

29.骨材表面に付着している細かい粒子を分けさせる。

 

chukyu14-31

30.2個のふるいにかけ水が透明になるまで繰り返し、乾燥させる。

 

chukyu14-32

31.教室に戻り試験結果の計算。

 

chukyu14-34

32.試験結果の計算方法。

 

chukyu14-35

33.試験結果の計算をする受講者。

 

chukyu14-36

34.道路試験所 濱田所長様より修了証の授与。

 

chukyu14-1

35.酒井生産販売部会長より閉会の挨拶。

 

講習後に実施したアンケートには、「講師の方の説明がわかりやすくて良く覚えられました」などの声があり、今後も講習内容を検討し、さらに日々の製造に役立つ、技術、知識の習得につながる講習を続けてまいります。

この講習会の様子は、「日刊建設産業新聞」、「建通新聞」、「骨材情報紙アグリゲイト」に掲載予定です。

 

最後になりましたが、講師、講習の場を提供してくださいました「(一社)日本道路建設業協会 道路試験所」の皆様に深く感謝申し上げますと共に、これからもご指導ご鞭撻いただけますようお願い申し上げます。

講習会記事が掲載されました

平成24年10月24日(水)に開催しました

【(第11回)中級者向け材料試験講習会(修正CBR試験)】の様子が

「日刊建設産業新聞(10月25日)」、「建通新聞(10月29日)」、

「骨材情報紙アグリゲイト(11月12日)」に紹介されました。

講習会記事が掲載されました

平成24年5月23日(水)に開催しました

【(第10回)中級者向け材料試験講習会(修正CBR試験)】の様子が

「骨材情報紙アグリゲイト(6月11日)」に紹介されました。

【(第9回)中級者向け材料試験講習会(再生粒度調整砕石 配合設計)】

【実施日】平成23年10月26日(水)
【場所】(社)日本道路建設業協会 道路試験所(八王子市)

当組合では、(社)日本道路建設業協会 道路試験所のご協力を賜り、平成13年より、年2回の材料試験講習会を開催して11年が経過。組合の事業活動として定着し、組合員の知識の向上、技術の習得に役立っております。

(これまで、材料試験講習会:初級9回、中級8回、品質管理試験講習会4回)

今回は、基礎的な内容から、より実務的な内容になり、再生粒度調整砕石の配合設計について習得するものです。

今回は10名が熱心に受講しました。講習内容は、3班に分かれ、既知のRC-40及びRC-10の試験結果から、それぞれ目標となる数値を考え計算し、配合率を検討していきます。参加者個々が実体験し、試験結果の計算と評価・運用を学び、日々の生産活動に役立てることが目的です。受講者には講習修了証を授与されます。


1.司会 当組合 生産販売部副会長 鈴木行夫。

2.当組合 副理事長 杉田臣より挨拶。

 


3.道路試験所 所長 松浦精一様よりご挨拶。


4.道路試験所 技術課 課長 渡辺昌夫様より講師のご紹介。

5.講師の先生方。

 


6.講師 道路試験所 試験・技術課 主任 福田嘉子氏による講義開始。

7.配合設計についての説明。


8. 3班に分かれ、上限・中央・下限それぞれの目標となる数値(割合)を考え計算。


9.実習室に場所を移し、講師の説明を聞く受講生。


10.材料となる試料。


11.班で担当する上限・中央・下限の試料質量を各々、計量していく。


12.粒度ごとに計量。


13.今回は、合計5000グラムになるよう試料を作成。


14.作成した上限(細目)・中央・下限(荒目)の見本粒度。


15.道路試験所 次長 清野茂様より、粒度の割合についての説明。

 


16.当組合 副理事長 杉田臣より閉会の挨拶と修了証の授与。

講習後に実施したアンケートには、「講習内容が、多くなり過ぎず大変 解りやすかったです。」「ふだんあまり見る事、知る事が無い事を改めて知る事が出来ました」「実際に締固めた現場密度試験の講習をやってほしい」との声もあり、今後も講習内容を検討し、さらに日々の製造に役立つ、技術、知識の習得につながる講習を続けてまいります。

この講習会の様子は、「日刊建設産業新聞10月27日」、「建通新聞11月2日」に掲載されました。

また、「骨材情報紙アグリゲイト」に掲載予定です。

最後になりましたが、講師、講習の場を提供してくださいました「(社)日本道路建設業協会 道路試験所」の皆様に深く感謝申し上げますと共に、これからもご指導ご鞭撻いただけますようお願い申し上げます。

 

講習会記事が掲載されました

平成23年5月26日(木)に開催しました

【(第8回)中級者向け材料試験講習会(再生粒度調整砕石 配合設計)】の様子が

「骨材情報紙アグリゲイト(6月13日)」に紹介されました。

【(第8回)中級者向け材料試験講習会(再生粒度調整砕石 配合設計)】

 【実施日】平成23年5月26日(木)
【場所】(社)日本道路建設業協会 道路試験所(八王子市)

 
当組合では、(社)日本道路建設業協会 道路試験所のご協力を賜り、平成13年より、年2回の材料試験講習会を開催して11年が経過。組合の事業活動として定着し、組合員の知識の向上、技術の習得に役立っております。

(これまで、材料試験講習会:初級9回、中級7回、品質管理試験講習会4回)  

今回は、基礎的な内容から、より実務的な内容になり、再生粒度調整砕石の配合設計について習得するものです。

今回は10名が熱心に受講しました。講習内容は、3班に分かれ、既知のRC-40及びRC-10の試験結果から、それぞれ目標となる数値を考え計算し、配合率を検討していきます。参加者個々が実体験し、試験結果の計算と評価・運用を学び、日々の生産活動に役立てることが目的です。受講者には講習修了証を授与されます。 


 1.当組合 理事長 尾﨑誠一より挨拶。

 
2.道路試験所 所長 松浦精一様よりご挨拶。


 3.道路試験所 次長 清野茂様より講師のご紹介。

 
4.講義開始。


  5.3班に分かれ、上限・中央・下限それぞれの目標となる数値(割合)を考え計算。

  
6.班ごとに算出した目標数値をもとに、配合を検討していく。


7.実習室に場所を移し、講師の説明を聞く受講生。

 
8.材料となる試料。


 9.班で担当する上限・中央・下限の試料質量を各々、計量していく。


 10.粒度ごとに計量。


11.今回は、合計5000グラムになるよう試料を作製。


12.作成した上限(細目)・中央・下限(荒目)の見本粒度。


13.粒度の割合についての説明。


14.場所を移動し、参考試料についての説明を受ける受講生。

 
15.道路試験所 次長 清野茂様より修了証の授与。


16.当組合 副理事長 杉田臣より閉会の挨拶。

講習後に実施したアンケートには、「品質向上の為に、またよろしくお願いします。」「(講習会の継続について)ぜひ開催してほしい」との声も多くあり、今後も講習内容を検討し、さらに日々の製造に役立つ、技術、知識の習得につながる講習を続けてまいります。

この講習会の様子は、「日刊建設産業新聞5月30日」、「建通新聞6月1日」に掲載されました。

また、「骨材情報紙アグリゲイト」に掲載予定です。

最後になりましたが、講師、講習の場を提供してくださいました「(社)日本道路建設業協会 道路試験所」の皆様に深く感謝申し上げますと共に、これからもご指導ご鞭撻いただけますようお願い申し上げます。

Photo:S.Abe

講習会記事が掲載されました

平成22年10月27日(水)に開催しました

【(第7回)中級者向け材料試験講習会(単位容積質量試験)】の様子が

「日刊建設産業新聞(10月28日)」、「建通新聞10月29日」に紹介されました。

「骨材情報紙アグリゲイト」にも掲載予定です。

【(第7回)中級者向け材料試験講習会(単位容積質量試験)】

 【実施日】平成22年10月27日(水)
【場所】(社)日本道路建設業協会 道路試験所(八王子市)

 
当組合では、(社)日本道路建設業協会 道路試験所のご協力を賜り、平成13年より、年2回の材料試験講習会を開催して10年が経過。今回は、20回目の講習会となりました。これまでの受講者は、延べ人数にして240人を超え、組合の事業活動として定着し、組合員の知識の向上、技術の習得に役立っております。

(これまで、材料試験講習会:初級9回、中級6回、品質管理試験講習会4回)  

今回は、春に開催の講習会がたいへん好評で、申込み締切前に定員に達し、受付を終了した経緯もあり、同じ内容にて開催することになりました。これは、基礎的な内容から、より実務的な内容になり、製品の t 出荷の m3 換算など、すぐに役立つ実践型の講習です。

今回は9名が熱心に受講しました。講習内容は、試験方法、規格等についての説明の後、試料調整、単位容積質量試験を参加者個々が実体験し、試験結果の計算と評価・運用を学び、日々の生産活動に役立てることが目的です。受講者には講習修了証を授与されます。また、今回は、20回目の開催にあたり、受講後、組合員各社に記念品を贈呈することになりました。

 

司会:当組合 生産販売部副会長 鈴木行夫
 1.司会:当組合 生産販売部副会長 鈴木行夫。

 当組合 理事長 尾﨑誠一より挨拶。
2.当組合 理事長 尾﨑誠一より挨拶。

 道路試験所 所長 松浦精一様よりご挨拶
3.道路試験所 所長 松浦精一様よりご挨拶。

 試験課 課長 清野茂様より講師のご紹介

4.道路試験所 試験・技術課 課長 清野茂様より講師のご紹介。

講義開始

 5.講師:道路試験所 試験・技術課 主任 根元孝様による講義開始。

  試験方法について講義を受ける受講生
6.試験方法についての講義を受ける受講生。

実習開始。試料調整。
7.実習開始。試料調整。

 容器の高さ1/3ずつ試料を入れ、

8.容器の高さ1/3ずつ試料を入れ、

それぞれ突き棒で均等に所要の回数を突く。

9.それぞれ突き棒で均等に所要の回数を突く。

(3回目)

10.(3回目)

表面を平らにならす
11.表面を平らにならす。

計量
12.計量。(各自、7.から12.までの工程を繰り返し、2回ずつ試験を行う)

教室に戻り試験結果を元にデータ整理。
13.教室に戻り、試験結果を元にデータ整理。

当組合 副理事長 杉田臣より閉会の挨拶
14.当組合 副理事長 杉田臣より閉会の挨拶。

 修了証、材料試験講習会20回記念品の授与。
15.修了証、材料試験講習会20回記念品の授与。

講習後に実施したアンケートには(講習会の継続について)ぜひ開催してほしい」との声を多くあり、今後も講習内容を検討し、さらに日々の製造に役立つ、技術、知識の習得につながる講習を続けてまいります。

この講習会の様子は、「日刊建設産業新聞」、「建通新聞」、「骨材情報紙アグリゲイト」に掲載予定です。

最後になりましたが、講師、講習の場を提供してくださいました「(社)日本道路建設業協会 道路試験所」の皆様に深く感謝申し上げますと共に、これからもご指導ご鞭撻いただけますようお願い申し上げます。

Photo:S.Abe

視察報告【相模原市南清掃工場】(10月13日)

【実施日・場所】 相模原市南清掃工場

組合事業活動の一環として、視察、研修会を実施しました。

 

平成22年3月 完成したばかりの施設を見学させていただきました。

①平成22年3月に完成したばかりの施設を見学させていただきました。

施設についてのビデオ

②施設についてのビデオ上映。

工場見学

③工場見学。説明を受けながら、見学する参加者。

ゴミ投入ステージ

④ごみ投入ステージ。トラックごと計量を終えたごみは、ここからごみピットに投入されます。

ごみピット

⑤ごみピット。(巨大なごみクレーンが動いているのですが、反射してよく見えないので、⑥を参照)

図解 ごみピット、ごみクレーン

⑥ごみピット・ごみクレーン。25メートルプール約30個分という広さのごみピット。ごみクレーンがごみを撹拌した後、投入ホッパに入れます。

流動ガス化炉、燃焼溶融炉

⑦流動ガス化炉、燃焼溶融炉について、模型を見ながらの説明。

ごみは流動ガス化炉で未燃ガス、炭化物、灰分に分解(鉄やアルミは有価物としてリサイクル)→ 灰分は燃焼溶融炉で約1200℃の高温で溶かす(溶融スラグは有価物としてリサイクル)

ボイラ

⑧ボイラ。ごみを燃やした熱により、蒸気を発生させています。

中央制御室

⑨中央制御室。工場内の各機械施設の制御、処理状況の監視を行っています。

蒸気タービン発電機

⑩蒸気タービン発電機。ボイラで発生した蒸気を利用して発電しています。

ごみの燃焼エネルギーの他に、太陽光・雨水等の自然エネルギー、節電・節水などの省エネルギー技術を導入して、エネルギーの有効利用を行い、二酸化炭素の排出量の削減を図る。→ 地球温暖化防止に寄与。

 高度な排ガス処理設備を設け、ダイオキシン類をはじめとする有害物質の排出を抑制→公害防止に寄与。

 この他にも、ごみを資源として回収するなど再利用を図る「マテリアルリサイクル」、ごみ処理過程で発生する熱エネルギーにより発電を行い利用する「サーマルリサイクル」など、環境への負荷が少ない循環型社会へ寄与する施設。

この日は点検のため稼動していませんでしたが、丁寧な説明を受けながら最新の設備を見学することが出来、とても充実した視察研修会となりました。

相模原市南清掃工場の沖津工場長様をはじめ、施設の皆様のご協力に厚く御礼申し上げます。